名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0074

愛知県名古屋市港区正保町8-69

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

小牧市藤島町/外壁塗装前にALC板間のシーリング工事


ALC目地 施工前

このアパートの外壁材はALCというものが使用されているために、板と板の間にシーリングが施工されていますが、どうしても年数が経つとひび割れてきてしまいます。そこで塗り替え工事をするときは、必ずシーリング工事が必要になります。

ウレタンノンブリード

今回使用するシーリング材は1液型のウレタンノンブリードを使用します。2液型もありますが、撹拌不良などのトラブルがない1液型を使用しています。1液型でも耐候性が長いものだと約20年から30年の材料もあります。写真はシーリングを目地に充填しているところですが、プライマーの写真を撮るのを忘れてしまいました。

ウレタンノンブリード

シーリング工事の手順としては清掃してからプライマーを塗布して、一定の乾燥時間をおいてからシーリングを充填していきます。この充填する量も鳴らしたときに、あまりはみ出さないように絶妙の量を充填していきます。

ウレタンノンブリード

充填した跡は、へら等を使用して均していきます。この均し方がシーリングの仕上がり具合に影響しますので、仕上がりを見れば職人の技量が判ります。

ウレタンノンブリード

施工後の写真になります。今回のALCは目地の柄があるタイプなのですが、シーリングを施工するところは他の所より若干くぼんでいるので、十分なシーリングの厚みを付けて施工しないとシーリングの意味がありません。ALCの場合は通常このまま塗装を行うので、シーリングを施工した所は塗装後には表面がツルっとしています。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 名古屋市港区/外壁防水塗装をおこないました

名古屋市港区で外壁の防水塗装をおこなった作業工程です。外壁に窯業系サイディングが使用されていますが、築年数が12年未満でサイディングの厚みが16mm以上の場合のみ、この仕様で施工することができます。 工程は通常のより増えるのですが、シーリン… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 名古屋市瑞穂区/防水工事と外壁塗装の建物調査

名古屋市瑞穂区にて防水工事と外壁塗装のお見積り依頼を受け、建物調査をおこなってきました。 建物は3階建てのRCで築42年経っており、いろいろ傷んでいる所がありました。 ベランダは保護モルタルですが、一度も防水工事をしてなくても雨漏りはしてな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 名古屋市南区にて塗り替え工事のための建物調査/積水ハウス

名古屋市南区にて外壁と屋根の塗り替え工事のための建物調査をおこなってきました。 建物は積水ハウスの建物で築30年経ち、塗り替えも今回が2回目になります。 外壁はチョーキング現象が若干発生していました。チョーキングとは、塗膜の劣化によって発生… 続きを読む
名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に