名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0074

愛知県名古屋市港区正保町8-69

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

名古屋市天白区にて棟板金が飛んだ台風被害


棟板金が台風で飛ばされた
台風被害

先月の台風によって棟板金が飛んだために調査の為、屋根に登ってきました。

棟板金が飛んで桟木がむき出しになっていましたが、状態は悪くもなく防水紙もしっかりと施工されてあったので雨漏りの心配は今のところ大丈夫のようです。

台風で被害が多く出ると修理に大変時間がかかってしまい、雨漏りしているお宅から修理していく為に、雨漏りが起きていない所は後回しになってしまいます。今回も棟板金が落ちたので被害が判明したのですが、遠くに飛ばされていたらわからなかったかもしれません。

薄型スレート瓦の破損
カラーベストの破損

棟板金が台風で飛ばされたことによって現場に伺ったのですが、やねがいたるところで割れているのが確認できました。よく見ると今回の台風ではなく以前から割れている状況でした。

これは屋根材が、薄型スレート瓦といわれカラーベストやコロニアルなどといわれていますが、それぞれに名称があり中には不具合が発生してるものも数種類あります。今回のはアスベストが若干入っているのですが、含有量が少ない為によく割れるタイプのものだと思われます。この場合は、塗替えではどうしようもなく屋根カバー工法をするしかありません。

屋根カバー工法は、ガルバリウム鋼板を使用した屋根材を上から被せていく施工方法です。今回提案するものは、アイジー工業のガルテクトという商品を提案します。ガルテクトは遮熱効果があるために室内の温度を下げる効果もあるためによく使用しております。

棟板金の釘の飛び出し

棟板金の釘が抜けていました。新築の時に釘を使用するのですが、錆びている所からステンレス製の釘を使用していないのがわかります。また、釘の長さも2cmぐらいのものを使用するために余計に抜けやすくなっています。

 

同じ工事を行った施工事例

名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に