名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0883

名古屋市港区知多2丁目112番地 サンポートみのるB棟2階

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市港区正保町にて屋根塗装の診断と調査を無料で行いました


雨漏りした折半屋根

名古屋市港区正保町で雨漏りによる折半屋根の診断に伺いました。梯子をかけて屋根に登ってみると至るところでツギハギがされていました。それも雨水が流れるほうに上から張ってあります。

雨漏りした折半屋根

雨漏りした周辺は上から折半屋根を張ってシーリングで隙間を埋めてある状態でした。これでは施工当初はいいですが年数がたつとシーリングが切れて隙間から雨水が入り雨漏りが発生してしまいます。

穴が開いた折半屋根

ところどころで折半屋根にも錆が進行して穴が開いていました。ここから雨水が侵入して雨漏りが発生してしまいます。折半屋根みたいな鋼製の屋根は錆が発生したら早めのメンテナンスが必要です。今回は塗装の見積り依頼でしたが、塗装よりも屋根のカバー工法が最適な工法なために複数の提案を行いました。

折半屋根の軒先

樋に雨水が流れる軒先の部分ですが、折半屋根には裏側にペフと呼ばれる断熱材みたいなスポンジみたいなものが張られています。これは裏側の結露を防ぐために張られているのですが、本来は屋外部分はめくらないといけないのですが、屋外に張り付けたままだといろいろな問題を起こします。経年劣化によるめくれは仕方ないのですが、このペフと呼ばれるものは水を吸い込むということです。この現場もめくられていないために水を吸って建物の中に雨漏りの原因になっておりました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 名古屋市緑区にて外壁塗装の建物調査

名古屋市緑区にて外壁塗装の建物調査をおこなってきました。 築15年の木造住宅で、外壁には窯業系サイディング、屋根はガルバリウム鋼板の素材が使用されており、南面のシーリングが切れてきているので、塗替えのご検討をされ依頼を受けました。   外壁… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 名古屋市西区に雨漏りがしているALC外壁の建物調査

名古屋市西区にて雨漏りがしているALC外壁の建物調査に行ってきました。 築26年のALC外壁材を使用した建物で、屋根は鋼板を使用した折半屋根でしたが、新築時から一度もメンテナンスをしてない状態でした。 建物は狭小地に立っているために、1階は… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 名古屋市港区にて外壁と屋根の水洗いをしました

名古屋市港区にて外壁と屋根の水洗いををおこないました。 建物は築12年の木造住宅になります。外壁には窯業系サイディングが使用されていて、その上に吹付塗装でセラミック系細骨材の風合いで、石材調に仕上げてあります。屋根はガルバリウム鋼板が使われ… 続きを読む
名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に