名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0883

名古屋市港区知多2丁目112番地 サンポートみのるB棟2階

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

尾張旭市東大道町にてアパートの外壁塗装を行いました


プレミアムシリコン

外壁に使用した塗料はエスケー化研のプレミアムシリコンで1階と2階と切妻側で色分けをしました。

また上塗り1回目として色を変えて塗装しました。使用した色は1階には19-60F、2階には19-85Bを使って塗装しました。

サイディングの塗装

2階部分の塗装です。サイディングの目地が水平なのでローラーの転がし方も水平に転がします。

サイディングの塗装

縦に転がすと目地に材料が溜まったりするので1階部分も2回と同じように水平に転がします。

サイディングの塗装
サイディングの塗装

最後の仕上げは中塗りが乾燥してから行います。通常は同じ色の上塗りを2回塗装するのですが、今回は上塗り1回目の色を変えて塗装しました。色を変えて塗装する場合は、普通薄い色を塗装すると思われがちですが、若干濃い色を塗るのが正しい塗装の仕方だと思って施工しています。大体の現場でローラーで塗装するとローラーの目になる部分が下の色が透けて見えることがあります。これが、年数が経ってくると下の色が薄いとはっきりとわかるのですが、逆に濃い色だと外壁の汚れと重なり解りずらくなります。年数が経ったときのことを考えると1回目は濃い色を塗ったほうがいいです。ただし、中には2回塗っても透けるような色もあるので、その時は1回目の色を変えることが出来ません。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 名古屋市港区/塗り替え工事の建物調査

名古屋市港区にて塗り替え工事の建物調査をおこないました。 建物は築12年の木造住宅で、外壁には窯業系サイディングでセラミック系の石が吹付塗装してあり、屋根や壁の一部にはガルバリウム鋼板が使われていました。 今回初めての塗り替え工事ということ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 知多郡東浦町にて外壁と屋根の水洗い

愛知県知多郡東浦町にて外壁にはアルミパネル、屋根にはガルバリウム鋼板でのカバー工法がされている建物の水洗いをおこないました。 街の外壁塗装やさん名古屋南店では キャッシュレスで最大5%還元の対象店舗です   材質がガルバリウム鋼板のためコケ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 愛知県津島市ウレアックスHGを使用したバルコニー防水

愛内県津島市にてバルコニーの防水工事をおこないました。 使用した材料は、FRP防水の改修に最適なオート化学のウレアックスHGです。この材料は、表面の防水性と保護機能を持ちあわせた、ハイブリッドな防水材です。耐候性も20年以上あり衝撃にも強い… 続きを読む
名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に