名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0074

愛知県名古屋市港区正保町8-69

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

愛知県弥富市/屋上防水を塩ビシートで施工を行いました


屋上のゴムシート防水

愛知県弥富市で築15年の3階建てマンションの防水工事を施工しました。

まだ雨漏りはしていなかったのですが、膨れや破れがあり雨水がゴムシートの下に部分的に入っている状態でしたので、上から施工する工法だと将来的に膨れや浮きの不具合が発生する可能性があるために、既設のゴムシート防水を撤去して塩ビシート防水を密着工法で施工する方法にしました。

防水金物の撤去

まず最初に笠木に金物でゴムシート防水を止めてある金物をバール使用して撤去していきます。

この部材は、シート捲れないようにするために取り付けられています。

ゴムシート防水の撤去

そしてゴムシートを捲っていきますが、屋上のために雨水が入っているのとボンドの密着が弱くなっているので、平場部分は簡単に捲れていきました。

塩ビシート防水の施工
屋上防水の施工

ゴムシートを撤去したら、平場の部分から塩ビシートを伸ばして半分におりボンドをつけて、半分づつ貼っていきます。平場を張り終えたら立上りの部分を張って、最後に塩ビシートを融着させて完了です。

 

屋上塩ビシートの施工

立上りの塩ビシートまで貼る作業を1日で終えることが出来ました。最後に笠木の所に金物を取り付けて、部分的にシーリングを施工して完了します。

シーリングを施工するの防水と塗装面やタイル面の間に施工するのですが、塩ビシートの裏に雨水が入らないように防水効果の高いブチルテープが張ってあるので、シーリング材が切れても雨水が入らない様にしてあります。

 

よくシーリング材で雨漏りを防ぐことがありますが、シーリングの厚みが少ないと数年で劣化するために、1次防水、2次防水を考えて施工しないといけません。

改修工事の場合の防水工事は塗装工事よりも知識と技術が必要になり、いろいろな防水工事の中から最適な施工方法を選ばないと雨漏りの原因につながります。

街の外壁塗装やさん名古屋南店には、豊富な工事経験と国家資格を持った診断士や職人がいるため適切な工事の施工方法を無料で提案することができますので、お気軽にご相談ください。

名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に