名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0883

名古屋市港区知多2丁目112番地 サンポートみのるB棟2階

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

工程の乾燥期間とは


工程間の乾燥期間とは、次の工程に行くまでにはある程度の乾燥期間が必要になってきます。

下記のような工程間の間で乾燥期間が必要になってきます。

①シーリングの場合は、プライマーとシーリングの工程間

 シーリングの種類にもよりますが、プライマーを塗ってから30分以上必要になります。また、その日のうちにシーリングを施工する必要があるために、シーリングを撤去してから仕上げまでを1日で行わないといけません。

②シーリングから塗装、洗浄までの期間

 シーリングを施工してから塗装・洗浄までの期間は、使用するシーリングにより変わってきますが、塗装の場合だと、その日にできるものから冬には約1週間かかるものもあります。シーリングの後に洗浄する場合は、最低でも4日間ほど空けてから洗浄をおこなわないとシーリングを傷めてしまいます。

③洗浄と塗装の間隔

 洗浄の後に塗装を行う場合は、外壁の材質によります。砂状の壁やゴツゴツした壁、吸い込みが激しい壁や屋根も同じですが、これらの材質の壁は洗浄後、水分を含んでしまうために2~3日程間隔を空けないと水分が気化して塗膜の膨れの原因になります。

④下塗りと上塗りの工程間

 水性と溶剤系の材料によって変わりますが下塗りと上塗りの間隔は、水性は1日で溶剤はその日のうちに施工することもできます。

このように各工程間に最低限の必要な乾燥期間が必要になってきます。

 

住宅の規模や施工範囲によっても変わってきますが、足場・シーリング・塗装を施工する場合だと1週間から2週間で終わることはありません。

塗り替えの時には、工程間や施工期間なども詳しく説明を受けることが、間違いのない施工をしてもらえるかと思います。

名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に