名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0074

愛知県名古屋市港区正保町8-69

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シーリングの種類


イクシード

シーリングはサイディングやALCなど外壁の継ぎ目や隙間に充填する材料です。防水性や気密性を保持するためや外壁や屋根のひび割れ補修や端末処理などに使われます。

昔、コーキングが使われていたこともあり一般の方はシーリングのことをコーキングという方もいまだにお見えになります。

シーリングにもアクリル、ウレタン、シリコン、変性シリコンなどたくさんの種類がありますが、中には1成分型、2成分型のタイプもあり、使う場所や用途によって使い分けます。

アクリル

主に新築時のALC目地に使用され、リフォームの場合でも塗装の補修などで使用され、耐久性があまりないので、上から塗装を行う必要があります。

シリコン

ホームセンターでも安価に売られています。一般の方が外壁を補修するのに使われたり、電気などの説備工事でも使われることが多いです。室内の水回りには最適なのですが、外壁に使用するとシリコンオイルが出てくるために、塗装が密着しないのですが、専用のプライマーを塗ることによって塗装できます。

ウレタン(推奨)

外壁や防水など耐久性が高い為に塗装や防水を行う場合に多く使用されている。最近では、外壁に高耐候性の塗料が多く使用されるようになり、シーリング材も30年の高耐候性を持ったものまで出ている。塗料を塗る場合には可塑剤の移行が少なく、塗膜が汚れにくいノンブリードタイプを使用されている。

変性シリコン

シリコンとは異なり乾燥後には塗装ができるシーリング材です。材料によっては専用のプライマーを塗って密着を高める必要があります。サイディングの外壁やタイル目地などによく使用されています。塗り替えの場合でも冬など気温が低い時など硬化が早い為に使用す場合もあります。

名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に