名古屋・東海市・大府市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん名古屋南店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

街の外壁塗装やさん名古屋南店

〒455-0074

愛知県名古屋市港区正保町8-69

TEL:0800-888-3434

FAX:052-304-8109

おかげさまで名古屋や東海、大府で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0800-888-3434

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シーリングの劣化の原因は?


外壁に使用されているサイディングやALCパネルなどの板間の目地やサッシ廻りにはシーリングが使用されて防水の役目を果たしています。

新築から数年たつとこのシーリングが劣化し、切れたり真ん中から破断したりしてくるので、築10年を過ぎたあたりから外壁の塗り替えと一緒にシーリングの施工も考えられると思います。

今回はなぜ切れたり破断したりするかを少しだけご説明です。

サイディングのシーリング
サイディングのシーリング

ほとんどのサイディング目地が上のように劣化していきます。このタイミングで塗り替えも検討に入るかと思います。

これらの原因は、シーリング自体の劣化もありますが他の要因も関係してきます。

シーリングの切れは、上の写真でもわかるかと思うのですが、どちらかのシーリングはサイディングについていることが多く、片方だけがサイディングの小口から離れています。

一つはシーリングの厚みです。この厚みが薄いと真ん中からシーリングが破断してきます。もう一つはシーリングを施工する前のプライマーの塗布量とオープンタイムです。サイディングの小口にプライマーを塗るのですが塗布量が少なくても駄目ですし、オープンタイムというプライマーを塗ってからシーリングを施工するまでの時間がきちんと守られているかです。この施工方法に不備があるとシーリングがサイディングから離れ、私たちが使う言葉でシーリングが切れてしまいます。

シーリングの2面接着

サイディングの場合は、ほとんどが2面接着で施工されています。シーリングが劣化して青いものが見えるのはハットジョイナーで、青い部分はボンドブレーカーと同じでシーリングが接着しないようになっています。

破断する原因は、このハットジョイナーの高さが関係していきます。シーリングが破断しているお宅のほとんどがサイディングの厚みが12mmの物を使用されています。12mmだと何がいけないかというと、ハットジョイナーの高さが3mmから種類がありますが、3mmだとシーリングの厚みが約9mm取れますが、8mmだと約4mmしかシーリングの厚みがないのです。そのためサイディングは常に伸縮するため厚みがないと真ん中から破断してしまうのです。

シーリングの破断
シーリングの深さ測定

左はシーリングのハットジョイナーが高い為に、シーリングの厚みが取れなく真ん中から破断しています。少しわかりにくいですが、工具の先の曲がってるところは1cmしかないのでどれだけ薄いかがわかります。

ハウスメーカーのシーリング

ヘーベルハウスのシーリング
ヘーベルハウスのシーリング

築10年以上っ経っているヘーベルハウスの建物ですが、シーリングの汚染はありますが全く切れていません。

大和ハウスのシーリング
大和ハウスのシーリング

こちらも築10年以上たっている大和ハウスのシーリングです。こちらも全く切れていなかったです。

 

どちらも、築年数が経っていてもシーリングが切れていないのは、シーリングの厚みがしっかりと取れていることだと思います。

外壁塗装・屋根塗装・防水工事・シーリング工事・雨漏り工事、屋根壁カバー工法など

お住まいの調査・見積り・ご相談を無料で承っております。

名古屋市、蟹江町、弥富市、東海市、あま市、津島市、愛西市、豊明市を中心に営業しております。

お問合せは街の外壁塗装やさん 名古屋南店まで

名古屋市港区、南区、緑区、大府市、東海市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん名古屋南店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0800-888-3434
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん名古屋南店に